カードローンの種類について

カードローン会社は銀行系、信販系、消費者金融系の3つが主流です。
この3つには、それぞれのメリット・デメリットがあり、特徴も異なります。

審査の厳しさの度合いにも差があり、一般的には銀行系の審査が一番厳しく、消費者金融系の審査が一番緩いと言われています。
銀行系と消費者金融系の審査について、どれほど違うものなのか比較してみましょう。

銀行系と消費者金融系の二つを、お金を簡単に借りたいという観点で見るのであれば、圧倒的に消費者金融系のほうがおススメです。
審査も緩く、即日融資をしているところが多いので、今すぐお金が欲しい!という人の強い味方となってくれます。

返済のしやすさという観点で見るのであれば銀行系のほうが良いでしょう。
銀行系は信販系、消費者金融系の2つと比べても金利がかなり安く設定されています。
しかし一般的に言われている通り、審査については少し厳しいです。
安い金利を望むのであれば、それなりの信頼関係が必要ということですね。



急な出費に対応できるカードローン

急なイベントなどでお金が必要になるシーンってありますよね。
そんな時に便利なのが消費者金融系のカードローンです。
消費者金融系のカードローンは審査が緩く、それでいて素早く行われるので、審査に通った時点での即日融資が可能となります。
また、直接窓口に行かなくてもインターネットからの審査・借り入れ受付をしているので、24時間365日融資の相談ができ、提携しているコンビニATMからの借り入れができるのです。

しかし、一般的に審査が緩いと言われている消費者金融系のカードローンでも、審査に落ちてしまう人はもちろんいます。
申し込みまでに複数の金融機関から借り入れをしていたり、返済をしっかりと行っていない人は審査には通りません。
人からお金を借りる場合でも、金融機関からお金を借りる場合でも、滞ることなく返済しておくようにしましょう。


消費者金融

カードローンに必要な書類

自営業を営んでいる人や個人事業主の場合は、年収に振れ幅がある為一般のサラリーマンやOLに比べてカードローンの審査に落ちやすいと思われがちです。
しかしそれは大きな間違いで、自営業者や個人事業主であっても、カードローンを利用している人はたくさんいます。

個人事業主でカードローンの使用を考えているのであれば、自分の年収をしっかりと把握しておくことが大切です。
そして、年収を証明するための書類として、確定申告書か所得証明書を準備しておく必要があります。
個人事業主でも安定した収入と経済力があること、返済能力を持っていることをカードローン会社にアピールしなければなりません。
そのアピールをしっかり行っていけば、返済能力がると見なされ、審査に通過、借り入れを受けることができるでしょう。

個人事業主だからお金を借りるのは難しい…と最初から諦めずに、是非一度カードローン会社に相談してみてください。

カードローン